あがり症の克服の最近のブログ記事



あがり症克服の下準備

あがり症克服の前に一つ知っておいてほしいことあります。それは、「あがらない人間なんていない」ということです。

千人の前で流暢なスピーチができても、たった一人の恋人の前ではしどろもどろになる人もいます。
直前まで子犬のように震え上がっていたのに、いざというときには堂々と振舞える人もいます。
そういった人たちは、口に出さないだけで実はあがり症なのかもしれません。
あがり症という自覚がない、または精神力で押さえ込んでいることも考えられます。
すでにあがり症を自覚しているあなたが、そういった人たちのようにあがり症である事実を消す、または忘れることは不可能かもしれません。
しかし、あがり症と上手につきあい、今よりもずっと快適に過ごすことは可能です。

「自分はあがり症ではない」と口に出してみてください。ひとり言で結構です。
あがり症克服の手始めとして、自分に暗示をかけてみましょう。
ばかばかしいようですが、これは意外と効果アリ。人間、誰だって自分の言うことが一番信じられるのですから。

それでもだめな人は、今度は「自分はあがり症だ」と言ってみましょう。
口に出すことに意味があります。本当に隠したいことって、ひとり言でもなかなか言えないものですから。
はっきりと口に出してあがり症を強く認識することが、克服の下準備となります。



あがり症の克服法

あがり症の克服法には、大きく分けて2種類あります。セルフケアと通院です。

あがり症でも日常生活に支障がない程度なら、セルフケアで十分。
イメージトレーニング、自己暗示といった観念的なものから、サプリメントやアロマテラピーなど物理的なものまで、
自分でできるあがり症対策は意外と多いのです。

あがりそうなイベントの前に髪を切る、あがってしまう人と会うときは赤い服を着る、などなど、
オリジナルのあがり症対策をしている人もいます。
そんなものただのおまじないじゃないか、と思うかもしれませんが、
なにもしないであがり症、あがり症とわめくより、おまじないの一つでもした方がずっとマシです。

セルフケアの効果がまったくなく、どうしようもなくなってしまったら通院を考えてみてもいいかもしれません。
最近では精神科や心療内科などであがり症の治療を行っている病院も増えてきました。
病院以外でもカウンセリングやセミナー、催眠療法などを取り入れている施設もあるので、いろいろと探してみるといいでしょう。
ただし、あがり症の治療は病院や先生との相性が大きく左右するものだということを覚えておいてください。
また、悪質なカウンセリング詐欺やセミナー詐欺にもご注意を......。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち あがり症の克服カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはあがり症の対策です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。